子宮筋腫と食生活

 

 

最小のガマンで、最大の効果を!

 

生理痛

現在、30歳以上の日本人女性の4〜5人に1人は
子宮に筋腫があると言われています。

 

もちろん、続木和子さんが提唱する
「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」で筋腫ができるのを防げたり、
できた筋腫の症状を改善できたりしますので、
ぜひ実行に移していってくださいね。

 

では筋腫はなぜできてしまうのか?

 

その説明をしたいと思います。

 

肉食ばかりを続けていると、エストロゲンが過剰に作られてしまい、
筋腫の成長に拍車をかけることになります。

 

というのも、エストロゲンが過剰に作られてしまっているために生理のサイクルが短くなり、
排卵と、生理までの間に行われる、子宮内膜の細胞の増殖が、
よりひっきりなしに、頻繁に行われてしまうからです。

 

さらに、初めて生理になる年齢が低くなったり、晩婚化がすすんだり、
子供を産む人数が減ったり・・・という傾向も、妊娠していない期間を増やすこととなり、
筋腫の成長をすすめてしまっています。

 

そのため今の女性たちは、昔に比べて、
炎症や腫瘍(子宮内膜症、子宮筋腫など)ができてしまうリスクが高いと言われています。

 

 

あなたに知っておいてもらいたいこと

 

それは、食習慣を改善すれば、筋腫は小さくなるということです。

 

子宮内膜症、子宮筋腫などを避けるためには
ベジタリアンになることが最善だということは医学的にも証明されています。

 

菜食

でも・・・

 

完全に肉食を絶って、完璧な菜食主義者になりなさい!・・・と言われても
すぐに「はい、わかりました!」と答えられる方は少ないのではないでしょうか。

 

食生活の制限、我慢は、
私たちの生活に大きなストレスを与えることになりますものね。

 

続木和子さんの「14日間集中!子宮筋腫改善講座」は、
ホリスティック理論に基づいて、食生活の改善を行いホルモンバランスを整えていきますので
食生活に全くのガマンがない、というわけではありません。

 

でも、その多くが「これを食べてはダメ!」という発想ではなく、
「これを食べるといいわよ!」というポジティブな指導法なので
ほとんどストレスを感じることなく、最小限のガマンと制限で食習慣を変化させ
ツラい子宮筋腫を消していくことができるんですね。

 

 

※注意※

子宮筋腫を手術以外でなるべく早く小さくしたり無くしたりする方法に「断食」があります。
これは何日間も水や青汁で過ごすといったものですが、
続木和子さんは断食を推奨してはいません。
長期に渡る断食には指導者がいりますのでご注意ください。

 

 

教材の詳細を確認したい方は⇒ 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座

 

 

 
 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

 

特典付きのお申し込みはこちらのボタンから公式ページへ

 

続木和子,子宮筋腫,改善講座,食生活,食習慣,食事