子宮筋腫ってどんな症状が現れるの?

子宮筋腫ってどんな症状が現れるの?

子宮筋腫になると、どんな症状が現れるのでしょうか。

 

これから妊娠を考えている人なら特に、子宮筋腫には早くに気づきたいもの。

 

放っておくと不妊症の原因になることもあるので、できることなら早期に発見したいですよね。

 

病気に気づくためには、どんな症状が出るのかを知っておかなくてはなりません。

 

ここでは、子宮筋腫になったときに現れる症状についてお話しします。

 

生理痛>

 

【子宮筋腫の主な症状】

 

子宮筋腫の主な症状は、

・月経の量が増える
・月経痛がひどくなる
・不正出血がある
・腰痛
・頻尿(トイレが近くなる)

などがあります。

 

これらの症状がすべて出るとは限りません。

 

筋腫の大きさやできる場所によって、現れる症状は変わってくることを覚えておきましょう。

 

多くの人が子宮筋腫に気付くきっかけになるのが、「月経量の多さ」もしくは「不正出血」なのだそう。

 

特に不正出血は生理以外のタイミングで出血があることなので、明らかに「おかしい」と気づきますよね。

 

月経量に関しては、明らかに大量にならない限りすぐに気付くのは難しいかもしれませんね。

 

不正出血があって婦人科を受診したところ、
検査で子宮筋腫が見つかった、というケースが一番多いのではないでしょうか。

 

月経量があまりにも多くなると貧血になったり、子宮筋腫が大きくなりすぎると下腹部の違和感を感じることも。

 

腰痛や頻尿といった症状は、大きくなりすぎた筋腫が神経や膀胱を圧迫しているために起こります。

 

とはいえ、腰痛や頻尿だけで子宮筋腫を疑う人はほとんどいないでしょうから、
やはり気付くきっかけになるのは不正出血が一番多いと思います。

 

【筋腫のできる場所によって症状の出方は変わる】

 

子宮筋腫は、できる場所によって症状の出方が変わります。

 

子宮の内側にできると筋腫が小さくても症状が強く出ますが、子宮の外側の筋腫は症状はありません。

 

そのため、不正出血などの症状が出る子宮筋腫は、子宮の内側にできているものである可能性が高いです。

 

【まとめ】

 

子宮筋腫の症状について、紹介しました。

 

不正出血=子宮筋腫ではありませんが、
不正出血があるということは体に何かしらの異変が起きているということ。

 

妊娠を考えている人はもちろんですが、そうではない人も体からのサインを見逃さず、
きちんと診察を受けるようにしてください。

 

動悸や息切れといった症状から貧血が分かり、
貧血の原因を探ったところ子宮筋腫が見つかるというケースも。

 

どんな症状が出るかは人それぞれですから、日頃から自分の体調には気を配っていきたいものですね。

 

 

 

 

 

関連ページ

子宮筋腫ってどんな病気?
続木和子の「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を購入。子宮筋腫の基礎知識についてお伝えします。子宮筋腫ってどんな病気?
子宮筋腫になってしまう原因は?
続木和子の「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を購入。子宮筋腫の基礎知識についてお伝えします。子宮筋腫になってしまう原因は?