子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫ってどんな病気?

 

子宮筋腫は婦人科で診断をされる腫瘍の中ではもっとも多いと言われています。

 

腫瘍と聞くとガンを思い浮かべますが、安心してください。

 

子宮筋腫はガンではありません。

 

ここでは、子宮筋腫の正しい知識として、子宮筋腫とはどんな病気なのかをお話ししていきます。

 

子宮筋腫の懸念

 

【子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍】

 

子宮筋腫は、一言でいうなら子宮にできる良性の腫瘍です。

 

女性ホルモン(エストロゲン)によって発育していくことが分かっており、
生理のある年齢の女性だと自然に小さくなるということはほぼありません。

 

どんどん大きくなっていってしまうという点は、少々厄介なところですね。

 

ガンは悪性の腫瘍で生命の危険を脅かすものですが、
子宮筋腫は良性の腫瘍なので生命の危険性はありません。

 

その点は、ひとまず安心といったところでしょうか。

 

30歳以上の女性の20%〜30%に子宮筋腫は認められるとも言われているので、
比較的ポピュラーな病気とも言えそうです。

 

子宮筋腫は複数個できることが多く、できる場所や大きさも様々。

 

放置しておくと10kg以上にまで大きくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

【できる場所によって呼び名が変わる】

 

子宮筋腫は、どこにできるのかによってその呼び名が変わります。

 

・粘膜下筋腫
・筋層内筋腫
・漿膜下筋腫

 

それぞれの特徴を、簡単に説明しましょう。

 

〈粘膜下筋腫〉

 

粘膜下筋腫は、子宮の内側にできる腫瘍です。

 

小さくても比較的症状が強く出ることが多く、不正出血などで気づくことが多いです。

 

放っておくと不妊症の原因にもなりますので、これから妊娠を考えている人は注意が必要です。

 

〈筋層内筋腫〉

 

筋層内筋腫は、子宮の筋肉の中にできます。

 

腫瘍が小さいうちはあまり症状もでませんが、
大きくなるにつれて不正出血などの症状が出てくるようになります。

 

流産や早産の確率が高くなるので、筋層内筋腫のある人の妊娠は
注意深く経過を観察していく必要があると言えるでしょう。

 

〈漿膜下筋腫〉

 

漿膜下筋腫は子宮の外側にできるため、自覚症状はほとんどありません。

 

定期検診などで気づくことが多く、何か症状があって気づくということはほとんどないように思います。

 

定期的に健康診断などを受けている人なら、症状が出る前に発見することができますからね。

 

子宮のどの場所にできたとしても、子宮筋腫は子宮筋腫です。

 

将来的に妊娠を希望しているのなら、決して放置することなく医師の診察を受けてほしいと思います。

 

【まとめ】

 

子宮筋腫とはどんな病気なのか?についてお話ししました。

 

子宮筋腫は生命を脅かすものではありませんが、だからといって放置しておいていいというものでもありません。

 

子宮筋腫が見つかったら、定期的に診察を受けるなどして対応していきましょう。

 

 

関連ページ

子宮筋腫になってしまう原因は?
続木和子の「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を購入。子宮筋腫の基礎知識についてお伝えします。子宮筋腫になってしまう原因は?
子宮筋腫ってどんな症状が現れるの?
続木和子の「14日間集中!子宮筋腫・改善講座」を購入。子宮筋腫の基礎知識についてお伝えします。子宮筋腫ってどんな症状が現れるの?